猫の水飲み場・浄水器を設置してみた感想【ピュアクリスタル クリアフロー 猫用】

猫は祖先が砂漠地帯に住んでいた名残であまり水を飲まないとも言われています。
品種によってはガバガバ飲むこともあります。※うちのメインクーンはガバガバのみますが、ノルウェージャンは食いつきが悪い時があります

水の摂取量は個体差によるかもしれませんが、あまり水分をとらないと様々病気のトリガーにもなりかねないので愛猫には健やかに水を飲んでいて欲しいものです。熱い夏場などは特に心配になりますよね。

そこで猫用浄水器を購入してみました。実際に購入したのは以下のグッズです。

 

 

猫の水やりの基本

・硬水ではなく軟水を与える
・水はいつでも新鮮に
・水場はできる限り複数設置
・餌場と水場はできる限り離す
・水を飲まない猫には工夫を

猫の水やりのポイントは上記の通りです。

まず猫に与える水は水道水で十分です。
というより水道水が適しています。

猫に与えてはいけない水は硬水と言われています。
硬水はミネラルやマグネシウムが多い硬水を摂取し続けると「尿路結石」といった病気の発祥リスクが高まると言われているのです。
硬水とされているミネラルウォーターは避けた方が良いです。
人間が美味しいと感じる水が猫のためになるとは限らないということですね。

逆に日本の水道水は軟水ですし清潔なので猫の飲水として適しているといえます。
ただし、見時はいつでも新鮮になるよう細目に取り替えてあげてください。

ペットショップやネットなどで猫用の天然水などが売っているのでどうしても水道水を避けたい場合はそちらを選ぶ方法もありますね。

水場は複数設置するようにしましょう。
例えひとつのボウルをひっくり返してしまったとしても、他の水場で飲めますし猫が気づいた時に飲める環境は大切です。
餌のボウルの隣に水を置いてしまう方もいますが、餌の破片などが飛び水が清潔でなくなる可能性もあるので水場と餌場は避けた方が無難です。

また冒頭でも記載したとおり、猫はあまり水を飲んでくれないこともあります。

上記で説明した通り、新鮮な水で水場が複数あれば大抵は飲んでくれますが、それでも飲みが悪い場合、ウォーターボールを変えてみる、流水で試してみる、水場を変えてみる。という方法もありです。

単純に水が飲みづらい環境の場合もありますし、水がチョロチョロと流れていると何故か飲みが良いので、流しやお風呂場で遊びがてらあげるのも良いと思います。

グッズを使ってみた感想

 

今回グッズを選んだ理由は「流れる(循環する)水場が欲しい」という理由です。
その中でなるべくかさばらない大きさを選びました。

設置してみた感想ですが食いつきは良いです。

設置した初日

珍しさからか飲まずに手を突っ込んだりして遊んでました(笑

落ち着いてからは普通に飲んでくれます。
家ではこのグッズを含めて3箇所水場がありますが、一番飲んでくれていると思います。

専用のフィルターがあるので埃や毛など蓋の裏側で濾してくれるので清潔な状態を保ってくれます。
※洗浄が不要なわけではありません。基本毎日の洗浄は推奨します。

デメリットとしては、水の発射口辺りの噛み合わせが悪いと音が発生します。
「ブーン」というような古い冷蔵庫のような音ですが、これは組み立てを調整すれば消えます。
また組み立てが簡単とはいえ毎日洗浄するのであればバラして再度組み立て噛みあわせが悪ければ調整。という対応が必要なので少々面倒臭いです。

あとは、手を突っ込んで水を飲むことがあるので、下にお盆などを敷いた方が片付けは簡単です。これは普通のボウルにも言えることだと思いますが。

私は「流れる(循環する)水場が欲しい」という用途だったので概ね満足しています!

購入したグッズ


専用フィルター

 

その他類似グッズ


コメントを残す