猫の登ってほしくない場所へのしつけ・対策とグッズ感想【高儀 猫こニャいで!】

猫は高い場所が大好きです。

家では2匹の猫を飼っていますが、猫と暮らしたことがある方は誰しもが頷くのではないでしょうか。

自分の何倍もある高さの場所に楽々登ってしまいます

愛猫にはのびのび育って欲しいものですが、実際登って欲しくない場所があることも事実です。

例えば家では猫自体にも危険性がある「テーブル(猫が食べてはいけない物が乗る可能性がある)」「流し(火を使っている時に登られると危険)」には登らせたくありません。

実際に躾に成功した方法とグッズを紹介します。

以下の2つのグッズを使いました。

 

猫のしつけの基本

猫を躾ける際にはポジティブな方法とネガティブな方法があります。
前者は「良いことをした際にご褒美をあげる」、後者は「悪い行いをすると嫌なことが起きる」という区別です。

どちらも条件反射を利用しています。

例えばポジティブな方法としては、「上がって欲しくない場所に登ってしまった場合、降りた瞬間を狙い”特定の音”を出し即座に餌をあげる」というものです。
これを繰り返せば”特定の音”を出せば教え込んだ場所に登ってしまったとしてもすぐに降りるようになります。
※クリッカートレーニングという方法です。

しかし、登って欲しくない場所への躾の場合、この方法は適切とは言えません。
飼い主がいない場合だと好きに登ってしまいますし、登ること自体は止めないからです。
ですので、登ってほしくない場所への躾はネガティブな印象を与える方法となります。
この躾を行う場合絶対に行ってはいけないことがあります。
体罰」と「大声で怒る」ことです。

双方飼い主のことを「嫌なことをする人間」としてすり込んでしまいますし、飼い主の目がない場所では堂々と登ってしまいます。
猫は嫌な記憶は中々忘れません。「怒られたから登ってはいけない」と思うのではなく「この人間は怒る・怖い」と記憶されてしまうのです。

ですので、飼い主が関与していないことで「登っては行けない場所」と「嫌な気分」を刷り込む必要があります。

猫が高い場所を好む理由

猫は愛される家畜ですが元々は狩猟を好む肉食獣です。
もちろん野生であれば外敵から襲われることもあります。

外敵から身を守る為・獲物を視認するために高い場所に登る本能があるそうです。

その為、家の中で高い場所がないとストレスが溜まってしまいます。
登ってはいけない場所を躾けるのは問題ないですが、代わりにキャットタワーなど自由に上下運動できる場所を確保してあげるとストレスがかからず良いと思います。

実際行ったしつけとグッズ

私が行った躾は「登らせたくない場所に登った瞬間にビックリさせる」という方法です。

上記にも記載したとおり、飼い主が怒ってはいけないので、冒頭で記載したグッズを利用しました。

このグッズはセンサーで「猫が嫌う音」と「フラッシュ」が発せられるグッズです。
元々は庭などに野良猫がよって欲しくない際に使うものだそうですが、今回は躾に利用させてもらいました。

これを登ってはいけない場所に設置しのぼった瞬間に猫が嫌がる音とフラッシュでビックリさせる方法です。

実際に使ってみたのですが、まず音が人間の耳にも不快です(笑)
それどころか猫はあまり音を嫌がりません(笑)

ですが、フラッシュの方は普通に驚いたようで即座に飛び降りてくれました。

フラッシュと音の組み合わせはメモリを回すだけで切り替えができ、「音のみ」「フラッシュのみ」「音とフラッシュ」を選択しできたので「フラッシュのみ」で利用しました。

フラッシュの参考動画

 

上記よりも活躍したのがブルートゥーススピーカーです。

これは一定以上の音がでるスピーカーであればなんでも良いと思います。
※たまたま家で使っていた入浴用防水スピーカーを流用できたのでしています。

まず、音がでるアプリをスマートフォンでダウンロードします。
なんでも良いと思いますが私はAirHornStadiumというアプリをインストールしました。

このアプリの仕様はアプリを立ち上げている間、画面の特定の箇所をクリックしている間音が出続けるというものなので、アプリを起動しておいて登った瞬間に鳴らすということを繰り返します。

【音量注意】ブルートゥーススピーカーの参考動画

このグッズでの躾は効果覿面でした。

その後も登ってはいけない場所を気にする素振りはすることがありますが、再度登ることはなくなっています。※個体差によると思います

また、登ってはいけない躾は「はじめの一週間が勝負」とも言われています。
猫をお迎えして家の中を探索しているうちに躾ないと習慣づかないということです。

幸い私の場合は、お迎えした即日からこの躾方法を実践したので上手く行きました。

じょうきのしつけ方法はほんの1例です。
登ってはいけない場所にガムテープを貼る、登った瞬間に水鉄砲で狙い撃つ(飼い主が撃ったと気付かないように)、音がでるものを投げる(飼い主が投げたと気付かないように&猫が傷つかないようなもの)と、方法はいくらでもあります。

愛猫を守るためにも、猫を傷付ない方法で躾を考えてみてください。

コメントを残す