アップルウォッチのステンレスの傷・革バンドお手入れ方法【Apple Watch Hermè】

2015年4月に発売され今やiPhoneユーザーに多くのファンを持つスマートウォッチ「Apple Watch」。

現在Series 3まで発売され多彩なバンドやcolorやコラボでファンを魅了し続けています。

私は「Apple Watch Hermè Series 2」のドゥブルトゥールモデルを愛用しています。

ただ、Apple Watch Hermèはバンドが皮で本体は光沢のあるステンレスなので、長年使っていると双方に傷や汚れが目立ってきます。

今回は私が行っているApple Watch Hermè のお手入れ方法をご紹介します。

今回お手入れに利用した商品は以下二点。

【本体磨き用】

【皮磨き用】

 

 

アップルウォッチバンドの取り外し

アップルウォッチの手入れをするためにはバンドを取り外した方がやりやすいです。

一度もバンドを取り外したことがない方も珍しいとは思いますが、念の為外し方を記述しておきます。

とはいっても何も難しいはことはありません。

画像のボタンを爪や尖ったもので押し込みバンドを横にスライドすれば取れます。

逆に取り付ける際にはボタンを押す必要はなくスライドし中央にバンドをもっていけば「カチッ」と音がしボタンを押さない限りスライドできない状態になります。

 

お手入れ方法

 

バンドと本体を取り外した状態で、それぞれの手入れ用品をつかいます。

まず、本体ですが綿クロスなどに専用クリームを適量とり拭き取ります。

あまり隙間に入り込まないようにきれいに拭き取った方が無難でしょう。

【before】

【after】

このレベルの画質でもわかるくらいには光沢と傷が取れたのがおわかりになるのではないでしょうか?

使用後の綿クロスの汚れが物語っています。

 

次に革の手入れです。

本体と同じく綿クロスなどに専用クリームを適量とり拭き取ります。

あまり強く擦りすぎると色落ちの危険もあるので丁寧に拭きましょう。
革の質によっては変色してしまう可能性もあるので、事前に目立たない場所などに少量塗ってみて変色がないかテストすることを推奨します。

【before】

【after】

こちらはほぼわからないですね、、、もう少し考えて写真取ればよかったです。

ただ布には汚れがバッチリ。

かなり質感もよくなります。

仕上げに防水スプレーをかけています。靴用ですが(笑)問題はなく使えてます。

Apple Watch Hermèはオシャレですが日常的に利用するウェアラブル端末ということもあり経年劣化しやすいと思いますので定期的なお手入れを推奨します。

コメントを残す